広がりつつあるお店 | 人気の求人に共通すること|求人情報に吸引される程人気の仕事

広がりつつあるお店

お店の違い

神戸はもちろん、全国的にガールズバーの求人が増えてきています。ガールズバーとは、カウンター越しに来客した人に対してお酒を注いだり会話でその場を盛り上げたりする仕事です。キャバクラでもこのような接客は行なわれていますが、ガールズバーとキャバクラでは接客が異なります。キャバクラでは来客した人の隣に座りお酒を注いだり会話をしたりしていきますが、ガールズバーでは来客した人の隣に座らずカウンターをはさんでお酒を注いだり会話をしたりしていきます。衣装もキャバクラではドレスを着用することがほとんどですが、ガールズバーでは白いシャツと黒のスカートやパンツが一般的な衣装です。お酒を注いだり話をして盛り上げたりという接客はどちらも共通していますが、お店によって方針が異なるのです。経験者の女性はキャバクラの仕事でも抵抗なく働けますが、初心者の場合はガールズバーから初めて経験を積んでいくという働き方が最適でしょう。実際にこのような働き方をしている女性もいます。

お酒が飲めなくても働ける

ガールズバーの求人に応募する人には、お酒が飲めない人もいます。一般的にお酒を飲む場というイメージが強いためお酒が飲めないと働けないイメージを持つ人が多いですが、お酒が飲めなくても働くことはできます。キャバクラでもそうですが、自分でお酒を作ることができます。しかし、ガールズバーではカウンター越しとなるため、来客者に見られることなくお酒が作れます。お酒が飲めない人でも薄めにドリンクが作れるので、キャバクラと比較しても働きやすいという魅力があります。神戸にはこのような求人が多くあります。キャバクラと同様にお店が広がりつつあり、神戸のような中心部には集中して点在しているのです。そのため、求人も見つけやすいでしょう。